3/7『KIM SAWOL LIVE in TOKYO』

EVENT

韓国のフォーク系女性シンガー・ソングライターキム・サウォル
待望の初来日公演がついに決定!

 

2014年、フォークデュオ「キム・サウォル×キム・ヘウォン」としてデビュー。以来、独創的な楽曲を発表し続けている韓国のフォーク系SSW。
キム・サウォル×キム・ヘウォンでの初作品「비밀(秘密)」が2015年の「韓国大衆音楽賞」で新人賞・最優秀フォーク音楽賞のダブル受賞を果たす。
その後ソロに転向し、2015年に1stアルバム「Suzanne」を発表。2016年には「韓国大衆音楽賞」で最優秀フォークアルバム賞を受賞し、2018年 2ndアルバム「Romance」では、最優秀フォークアルバム賞・最優秀フォーク楽曲賞を受賞するなど、高い評価を得ている。

韓国国内はもちろん、日本でも韓国インディ・シーンに詳しい人なら周知であろうキム・サウォル初の来日公演を行います!
今回はキム・サウォルBand setの時にキーボードとして参加しているヘジンを迎え、キム・サウォルwith pianoとしてスペシャルな2人編成でお送りします。

日本からは、音楽活動の他に文藝誌「園」の主宰や、写真・デザインなどの制作活動も行うシンガー・ソングライター mei eharaのアコースティックライブの出演に加え、mei eharaが所属しているレーベル・カクバリズムとも縁が深く、ceroが主催するイベント「Traffic」にも出演するDJ MINODA(Slowmotion/MSJ)の出演が決まっている。

女性シンガー・ソングライターの2組とDJが彩る、週末の夜をお楽しみください。

 

Live:
Kim Sawol (with piano)
mei ehara

 

DJ:
MINODA(Slowmotion/MSJ)

 

2020.03.07 Saturday
open/start 18:00
Time Out Cafe & Diner[LIQUIDROOM 2F]
entrance fee 2,000yen ※2ドリンク代金別

 

KIM SAWOL(キム・サウォル)

 

2014年、フォークデュオ『KIM SAWOL X KIM HAEWON』としてデビュー。以来、独創的な楽曲を発表し続けている韓国のSSW。

喪失と希望を繰り返すKIM SAWOLの文学的な歌詞は、個人の経験から出発しつつリスナーの共感を引き出す力を持っている。

 

▪Twitter

https://twitter.com/aprilsour?s=20

▪instagram

https://www.instagram.com/april_sour/?igshid=1hofxb5ytumrq

 

 

mei ehara

 

1991年愛知県生まれ。学生時代、自主映画のBGM制作のため宅録を始める。

その後、歌唱を入れた音楽制作に移行し、計5作の自主制作作品を発表。

2017年11月、プロデューサーに辻村豪文(キセル)を迎えた1stAL「Sway」をカクバリズムからリリース。ソロでのライブのほか、ベースに長岡智顕(思い出野郎Aチーム)、ドラムに池田俊彦(T.V. not January , Hei Tanaka)を迎えたバンド編成で、FUJI ROCK FESTIVAL’18など、様々なイベントに出演。自主企画ライブイベント「カンバセイション」「間(あいだ)」を主催。

音楽活動の他、文藝誌「園」主宰、写真やデザインなどの制作活動も行う。

 

▪officialHP

http://eharamei.com/

 

 

info

Time Out Cafe & Diner 03-5774-0440

LIQUIDROOM 03-5464-0800